Profile

守重 結加

Morishige Yuka

 

東京都出身。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を卒業後、2011年にヤマハ音楽振興会留学奨学生として渡独し、ベルリン芸術大学ディプロム課程、同大学修士課程ソリスト科を経て、2019年に同大学修士課程室内楽科を修了。在学中はGisela und Erich Andreas-Stiftung(ハンブルク)、及びOttilie-Selbach-Redslob-Stiftung(ベルリン)の奨学生として研鑽を積みながら、ソリスト、室内楽奏者、歌曲伴奏者として日本各地、韓国、ドイツ、フランス、ポーランド、オランダ、オーストリアなどで演奏する。

2018年3月、ベルリンフィルハーモニー・大ホールにて、Peter Aderhold氏指揮・Akademisches Orchester Berlinとパデレフスキのピアノ協奏曲をソリストとして共演し、好評を博す。2019年1月には同ホールにて、Michael Riedel氏指揮・Junges Ensamble Berlinとストラヴィンスキー「詩篇交響曲」、7月にはベルリン芸術大学コンサートホールにて、Neubrandenburger Philharmonieとストラヴィンスキー「火の鳥」のオーケストラ内ピアノ奏者を務める等、活動は多岐に渡る。

同年8月、エイヴェレ国際音楽祭(タリン・エストニア)にソリストとして招聘され、ソロリサイタル及びガラコンサートに出演。また、2019年より、ヴァイオリニストのハインツ・シュンク氏(ベルリン・コンツェルトハウス・オーケストラのコンサートマスター、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学教授などを歴任し、指揮者としても活動を行う)とデュオ活動を行う。

2016年、エドヴィン・フィッシャー国際ピアノアカデミーにて第1位を受賞し、ポツダムでのソロリサイタルに招聘される。2017年、ブゾーニ国際ピアノコンクール、サン・プリエスト国際ピアノコンクールにてセミファイナリストに選出され、ディプロマを受賞。その他、全日本学生音楽コンクール、宝塚ベガ音楽コンクール、東京ピアノコンクール、アルトゥール・シュナーベルピアノコンクール、ロベルタ・ガリナリ国際ピアノコンクール、ピアナーレ国際ピアノアカデミー&コンクール等、国内外のコンクールにおいて数多くの賞を受賞している。クラリネット奏者 東紗衣と収録したアルバム「Klangfarben〜響きの彩〜」が好評発売中。3年度(財)地域創造・公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業派遣アーティスト。これまでにピアノを安孫子和子、故瀬尾真理子、加藤伸佳、小森谷泉、クラウス・ヘルヴィッヒ、室内楽を藤井一興、故佐藤公一郎、フランク-イモ・ツィヒナーの各氏に師事。

 

 

 

 

 

 Yuka Morishige wurde in Tokyo,Japan geboren. Sie absolvierte im 2017 ihr Masterstudiengang für Klavier(Solist), im 2019 für Kammermusik an der Universität der Künste Berlin, wo sie bei Prof. Klaus Hellwig als Stipendiatin von Yamaha Music Foundation studierte. Während ihres Studiums erhielte sie Stipendium von  Gisela und Erich Andreas-Stiftung und Ottilie-Selbach-Redslob-Stiftung bekommen. Sie wurde bei Wettbewerben mehrfach ausgezeichnet, wie unter anderen mit dem Förderpreis im Arthur Schnabel Wettbewerb in Berlin, 3. Preis beim Young Piano Stars International Piano Competition, Finalist im Pianale International Piano Competition und erhielt dabei Fundaciōn Eutherpe Award, Clemente Pianos Award und Semifinalist im Saint-Priest International Klavierwettbewerb und Stipendiat als Halb-Finalist beim Busoni International Klavierwettbewerb im 2017. Sie tritt gleichermaßen als Solist und als Kammermusiker in die meisten europäischen Länder, in Japan, Südkorea. Im 2016 wurde sie als beste Teilnehmerin von Edwin Fischer Sommerakademie einen Publikumpreis ausgezeichnet und wird im 2017 Klavierabend in Potsdam eingeladen. Sie trat mit dem Orchester Klavierkonzert Nr.2 Op.22 von saint-saens, Klavierkonzert Nr.3 Op.37 von Beethoven, und in den letzten Zeiten, im März 2018, spielte sie als Solist Klavierkonzert Op.17 von Paderewski mit Akademisches Orchestra Berlin in den großen Saal von Philharmonie Berlin. Als Klavierspieler setzte sie im 2019 das Psalmensinfonie von Stravinsky im Junges Ensamble Berlin in den gleichen Saal von Philharmonie Berlin, im Neubrandenburger Philharmonie das Feuervogel von Stravinsky im Konzertsaal der UdK Berin und beim Kinderkonzert in Neustrelitz. Im August 2019 wurde sie ins Eivere Klavier Festival in Tallinn(Estonia) eingeladen. Sie studierte in Japan bei Prof. Izumi Komoriya, in Deutschland für Kammermusik bei Franck-Immo Zichner, für Solo bei Prof. Klaus Hellwig.

Teachers

ピアノを安孫子和子、故瀬尾真理子、加藤伸佳、小森谷泉、マスタークラスにて練木繁夫、ヨーヘン・ケーラー、マルクス・グロー、クラウス・ヘルヴィッヒ、エリザベート・ドヴォラック=ヴァイスハール、アレキサンダー・イエンナー、ゴットリーブ・ヴァリッシュ、ユスタフ・ドヴァリョーナス、フリーデマン・リーガー、エリク・タヴァスチェルナ、ウタ・ヴェヤンド、菅野潤、海老彰子、アレクサンダー・マザール、アンナ・マリコヴァ、ポール・ルイス、イアン・フォンテイン、河村尚子、楽曲分析・演奏解釈を加藤伊津子、室内楽を藤井一興、佐藤公一郎、小森谷泉、フランク-イモ・ツィヒナーの各氏に師事。

ⒸAyane Shindo